生活

うさぎとの帰省を車でするとき移動のときや冬のときの注意点【体験談】

投稿日:2018年12月15日 更新日:


うさぎさんを飼い始めると、帰省するときに一緒に連れて帰るのにどうしようかと悩みますよね。
うちでは、上の写真のうさぎさん(4歳♂)を飼ってますが、夏も冬も車で帰省するときにはいつも一緒に連れていくことにしてます。
いくつか注意することが有るので、参考にしてください。

うさぎとの帰省を車でする

うさぎさんは、とても臆病で繊細な動物です。

なので、ストレスや環境の変化に弱く、すぐに体調を崩してしまう仔もいます。

スポンサーリンク

うさぎさんが体調を崩すと、胃腸が動かなくなる「うっ滞」を起こして、ひどい場合は亡くなってしまうこともあります。

なので、帰省前には必ずウサギさんの様子をいつもより丁寧に観察して、元気かどうか確認してください。

餌をよく食べているか、身体を伸ばすなどしてリラックスできているか(うさぎさんは、体調が悪いときには丸くなってずっと座ってます)、糞が小さくなっていないか(体調が悪いと小さくなります)などなど、よーく観察してください。

ウサギさんの体調があまり良くない感じのときは、できれば一緒に帰省するのはやめた方がいいです。

うさぎさんは家に置いていき、友達等にお世話を頼むとか、掃除や餌やり等を家に来てやってくれる「ペットシッター」を頼むのがいいです。

車移動や環境の変化で体調が悪化する心配が有るからです。

あと、「ペットホテル」に預ける方法もありますが、体調がよさそうにないときは出来ればやめた方がいいです。

でも、動物病院のペットホテルの場合は、安心できるかもしれません。

もちろん、うさぎさんの体調が悪いのであれば、帰省を中止して、必要であれば動物病院に連れて行きましよう。

うさぎさんは、体調を崩してから1日で亡くなってしまうこともあります。

あと、うさぎさんの診察に慣れていない動物病院も多いので、しつかり診察できる動物病院を調べておくのも大切です。

小さな子供のうさぎさん(生後4ヶ月以下)や、高齢で体力の衰えたうさぎさんも、長時間の車移動はきついです。

うさぎさんは、平衡感覚が鋭いため車に酔い易く、身体の構造上、食べたものを吐くこともできないそうです(>_<)

なので、車で帰省できるかどうかは、うさぎさんをよーく観察して、慎重に決めてください。

念のため、帰省先の実家の近くでも、うさぎの診察に慣れた動物病院を探しておくと良いですね。

うさぎさんを車で移動させるときには、いつも使っているケージごとウサギさんを車に積んで移動する移動方法が一番いいです。

スポンサーリンク

いつものケージ(ゲージ)の中なので、うさぎさんが安心し易いです。

うちは、いつもそうしてます。

それに、帰省先でもそのままケージを使えて便利です。

移動中にも様子が分かるように、できれば車の座席にケージを載せてください。

言うまでもないですが、絶対にセダンタイプの車のトランクには入れないでください。 夏は暑いし冬は寒いしで、命が危ないです(>_<)

うさぎの移動を車でするときの注意点

草や水などもいつも通りケージにセットしておきます。

給水ボトルではなくお皿で水をあげている場合は、パーキングなどでの休憩中にお皿で水をあげると良いですね。

あと、ケージの床が、滑りにくい金網などではなく、滑りやすいプラスチックだと、移動中にうさぎさんが滑ってストレスがすごいです。

うちの場合、床が滑りやすいプラスチックなので、うさぎさんが移動中ずっと足を踏ん張って耐えていたようで、ぐったり疲れた様子でした( ;∀;)

なので、プラスチックの床の上に雑巾などを敷いて、雑巾の四隅と真ん中に夫々2つ穴をあけて、一番細い結束バンド(100均で売ってます)で雑巾を床に固定しました。

こうすると、滑らなくなったようです!(^^)!

うさぎさんの爪が隙間に入って折れないように、結束バンドは隙間が空かないように強く固定してください。

最近では、帰省の車移動になれたのか、移動中でも草を食べたり水を飲んだりして、リラックスしてます( *´艸`)

それと、上に書いたようにウサギさんは車酔いし易いので、できるだけ頻繁にパーキング等に入って、できればエンジンを切って休憩をさせてあげましよう。

うさぎの冬の移動で注意すること

うさぎさんを寒い冬に車移動させるときに特に注意が必要なのは、温度です。

うさぎさんは、寒さにも弱く、急な温度変化にも弱いからです。

なので、車内の温度は、20℃以上にして、パーキングなどで休憩するときの室温低下にも注意です。

車外の気温が低いときには、エアコンを止めると見る見るうちに車内温度は下がっていきます。

なので、高速道路のパーキングなどで休憩するときは、うさぎさんを車においてパーキングのレストランで食事をするのはやめた方がいいです。

うちは、食べ物を買ってきて、車内で食べてます。

そのときは、ケージの扉を開けてうさぎさんをナデナデしてます。

たまに、ケージの外に出てきてます( *´艸`)

まとめ

参考になったでしようか?

この別記事も参考になるかもしれません。
うさぎの留守番 一泊 2泊 3泊は?何日までなら大丈夫?

うさぎさん関係の他の記事のリンクのまとめ記事です。
うさぎさんの暑さ対策や寒さ対策、うさぎさんの飼い方のリンクまとめ

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏の車内の暑さ対策 温度を下げる冷やす快適にする工夫【動画あり】

真夏の日差しは灼熱です。そして、日向に駐車した自動車の車内(室内)は尋常じゃなく暑く、熱くなります(>_<) スポンサーリンク ダッシュボードに缶コーヒーとか置き忘れたりすると、「ホットコ …

夏のマスクはおかしい?変?きもい?暑いのになぜ!でも理由アリ!

猛暑の日にマスクをしてる人をたまに見ます。 スポンサーリンク 自分が暑さにうんざりしてるのもあって、ついつい「なぜ?おかしいだろ!」とか「変!!」とか「気持ち悪い!」とか思っちゃいます(もちろん声には …

給料少ない生活苦しい低収入で貯金なし 家族の人生変える方法[男限定]

「給料が少ない」「毎月生活費が足りないと嫁さんに言われる」「小さい子供の将来のために少しでも貯金したい」「でも、共働きで頑張ってるのに貯金できない」「家族の将来が不安」「なにかヒントが、突破口は無いの …

夏のべランダの暑さ対策は床の熱い照り返し防止策と〇〇で効果倍増!!

真夏のマンションやコーポのべランダ(バルコニー)の床は直射日光で熱せられて熱気ムンムンです。目玉焼きができそうです(>_<) スポンサーリンク それに、ベランダからの照り返しが部屋の中に入 …

台風のときの車の傷の対策 車カバーをする場合の工夫 台風被害の場合には

台風が来ると、強風でいろいろなものが飛んでくるので、青空駐車している自動車に傷がついてしまうことがあります。 スポンサーリンク それに、暴風で折れた木の枝や瓦が飛んできた場合には、車にキズが付くだけで …