生活

夏の車内温度 ダッシュボードは超熱い!車置き危険NGな物【動画あり】

投稿日:2019年6月18日 更新日:


夏場の車の中は高温になるので、炎天下に駐車しないといけない場合は、車内に熱に弱いもの(パソコン、スマホ、ガス缶など)を置いていると故障したり、危険な場合もあります。特にダッシュボードは非常に熱くなって危険なので、注意が必要です。

今回は、夏場の室内温度やダッシュボードがどれくらい高温になるのかや、車の中に絶対置いてはいけないもの、置いてもよさそうなものについてまとめます。

あと、パソコン(PC)、タブレット(ipadなど)、メガネ、サングラスなどを高温の車内に置いておくエ夫についても紹介します。

スポンサーリンク

夏の車内温度

まず、JAFが真夏の炎天下で車内温度を比較した実験の結果です。

<高温対策なしの車(黒色)>
車内最高57℃、ダッシュボード最高79℃

<高温対策なしの車(白色)>
車内最高52℃、ダッシュボード最高74℃

<サンシェードをした車(白色)>
車内最高50℃、ダッシュボード最高52℃

<窓ガラスを少し開けた車(白色)>
車内最高45℃、ダッシュボード最高75℃

黒い車を閉め切ってると、室内温度が60℃近くまで上がって、ダッシュボードの温度は80℃近くまで上がるんですね。

で、上の実験から予想すると、白い車にサンシェードをして窓を少し開けると、室内温度を40℃くらいに抑えて、ダッシュボードの温度を50℃くらいに抑えられそうですね。

詳しくは、このJAFの実験動画を貼ったこちらの記事を見てください。
夏の車内の暑さ対策 温度を下げる冷やす快適にする工夫【動画あり】

車のダッシュボードは超熱いので危険

上のように、ダッシュボードは超熱くなるので、特にダッシュボードの上に物を置き忘れるのは注意です。

真夏の炎天下のダッシュボード上に、スマホ、炭酸飲料のアルミ缶、ガスライター、スプレー缶(ガス缶)、フライバンに生卵などを置いたJAFの実験動画です。

この動画だと、生卵が目玉焼きになってる割に、他のものは意外に大丈夫でしたね。

でも、下に耐熱温度(保管温度)を書きますが、スマホ、炭酸飲料のアルミ缶、ガスライター、スプレー缶(ガス缶)を炎天下のダッシュボード上に放置すると明らかに危ないです。

夏の車内放置が危険なもの

以下、保管温度についてざっと調べたところです。

(真夏の車内に置くと故障したり、危険なもの)

スマホ(iphoneなど)の保管温度→45℃以下

モバイルバッテリーの保管温度→スマホと同程度と思われる

パソコン(PC)の保管温度→45℃以下

タブレット(ipadなど)の保管温度→パソコンと同程度と思われる

スポンサーリンク

デジタルカメラの保管温度→65℃以下

デジカメは真夏の屋外での使用が想定されているからか、保管温度が高めですね。

ビデオカメラの保管温度→デジカメと同程度と思われる

ゲーム機()Sなど)の保管温度→40℃以下

メガネ、サングラスの保管温度→60℃以下

メガネやサングラスは、プラスチック類が熱に弱く脆くなります。

コンパクトディスク(CD)の保管温度→50℃以下

アルカリ乾電池、マンガン乾電池の保管温度→45℃以下

リチウム乾電池の保管温度→60℃以下

電池類は、高温で液漏れや発火の危険があります。

ガスライターの保管温度→50℃で4時間まで、40℃で28日まで

スプレー缶(ガス缶)の保管温度→40℃以下

ガスライターやスプレー缶(ガス缶)は高温でガスが漏れると爆発の危険があります。

ペットボトルの炭酸ジュースの保管温度→50℃以下

缶の炭酸ジュースの保管温度→ペットボトルより低いと思われる

炭酸ジュースの容器は、高温で破裂して車内に突き刺さることがあります。

揮発性のもの(消毒用のエタノールや、ベンジンなど)の保管温度→容器から漏れると常温でも蒸発して爆発の危険があるので、車内保管不可です。

化粧品の保管温度→50℃以下

食品→缶詰やレトルト食品などを除いて、短時間で容易に腐敗する。

(工夫すると真夏の車内に置いておけそうなもの)

サンシェードをして全部の窓ガラスを少し(3cmくらい)開けておくと、車内が45℃以下くらいに抑えられます。

なので、こうすると、スマホ(iphoneなど)、モバイルバッテリー、パソコン(PC)、タブレット(ipadなど)、メガネ、サングラス、コンパクトディスク(CD)などは、車内に置いてもよさそうですね。

でも、直射日光が当たらない陰に置かないと、熱くなってダメです。

で、これらのものを、クーラーボックスに入れて車内に置いておくと、もっと安心ですね。

あ! でも保冷剤とかを入れてクーラーボックスを冷やすとダメです!

電子機器類は、急激な温度変化に弱いし、内部に結露ができて故障しやすいからです。

でも、サンシェードをして全部の窓ガラスを少し(3cmくらい)開けても、乾電池、ガスライター、スプレー缶(ガス缶)、炭酸ジュースなどは、絶対に夏の車内に置かない方が良いです。

万一、発火や破裂などすると危険だからです。

(真夏の車内において大丈夫なもの)

車内保管や車内使用を想定されたものは、真夏の車内において大丈夫です。

車載のナビ、車載する発煙筒などは、車内の高温に耐えられるように設計されてます。

まとめ

いかがでしたか?

真夏の車内に置いておけないものとか、普段はあまり考えませんよね。

参考にしてもらえると嬉しいです。

夏の暑さ関連のリンクをまとめた記事です。

夏の自動車、冬タイヤ、自転車、ベランダ、打ち水、西日、通勤、リュック、チャイルドシート、汗などの暑さ対策記事のリンクまとめ

夏関連の記事(汗、多汗症、熱中症、夏バテ、ダイエット、エアコン、うさぎや犬の暑さ対策、蚊)のリンクまとめ

スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

お彼岸の意味は?簡単に言うと?具体的には何をするの?

お彼岸と言えば、春分の日と秋分の日あたりの年2回、お墓参りをする昔ながらの習わしというのは皆さんご存知と思います。 スポンサーリンク でも、お彼岸ってそもそもなに?と言われると、「ご先祖様がこの世に帰 …

夏の満員電車は中年男性が超臭い!その原因と現実的な対策

通勤電車は臭いです!特に夏の夕方の通勤電車(満員電車)は! スポンサーリンク 夜9時ごろになると、お酒の匂いが混じってそれはもう気分が悪くなるほど臭いです。男の私でもそうなんだから、匂いに敏感な女性だ …

通勤して汗だくのときの対策 すぐに引かせる止める方法【体験談】

  僕は、夏でも片道6km以上自転車(完全自力チャリ(-_-;))で通勤して会社に行って、会社に着いたら滝のように汗が流れて汗だくになってます。 スポンサーリンク そんな僕がいつもやっている …

カメムシが天井で動かない!でも届かない!部屋にある物での捕まえ方

カメムシが部屋(室内)の天井や電気照明や壁など手の届かない高い所にとまったまま動かない!(もしかして死んでるのか!?)( ゚Д゚) でも殺虫剤を噴きつけると部屋中が殺虫剤臭くなるし、ホウキとかで払って …

クーラー代の節約 除湿の方がいいって本当?定番は?意外な方法は?

日本の夏は毎年のように猛暑となっているので、夏場には熱中症にならないためにもエアコンの冷房(クーラー)を使うのが一般的です。 スポンサーリンク その一方で、電気代を気にせずにクーラーを使っていると、電 …