趣味

空手を大人が習うメリット・デメリット

投稿日:2017年5月1日 更新日:


以前の記事に書きましたが、私は学生時代にフルコンタクト空手の正道会館の地方道場に初段(黒帯)になるまで通い、また、社会人になってから1年間ほどフルコンタウト空手の極真会館の地方道場に通いました。

今回の記事では、フルコンタクト空手の経験に基づいて、空手を大人が習うメリットとデメリットについて書きます。

スポンサーリンク

空手を大人が習うメリットについて

(後日追記:今私は、ロシア武術システマを習ってます。システマの記事はこちら。「リンク」)

1.ストレス解消
やはり大きなメリットは、ストレス解消です。仕事や家庭、子供のことなど、大人には様々なストレスがあります。誰もが経験すると思いますが、ストレスが多いと、それほど体は疲労していないのに体が重く頭がスッキリしない状態となって、仕事がはかどらず人間関係もギクシャクし易くになって負のスパイラルに陥ってしまいがちです。これには運動が一番です。

空手は、気合いを込めた掛け声を掛けながら練習をするので、大声を出しながら運動ができます。つまり、大声を出すことによるスッキリ感と運動によるスッキリ感の両方があります。また、道場の仲間とストレッチをしたり組手をしたりして接触する身体コミュニケーションがあります。ラグビーやサッカーなどの接触プレーをするスポーツをしたことのある人は感覚的に分かると思いますが、接触による身体コミュニケーションにはストレス解消効果があります。私の場合、この接触による身体コミュニケーションは、子供のころ友達とじゃれあって遊んだときのようにストレスが解消されるものです。

2.運動不足解消、ダイエット
空手道場での練習は、かなりの運動量があり筋トレにもなるので、間違いなく運動不足の解消になります。また、道場に週2回程度通えば筋肉がついてくるので、リバウンドしないダイエットになります。

また、年齢や体力に応じて自分のペースで練習に慣れていくこともできるので、年配の人が始めても大丈夫です。

3.自分に自信がつく
或る程度長い期間道場に通っていると、筋肉がついて細マッチョ(なりたい人は太マッチョ)になってくるので、自然と自信がついてきます。また、だんだん強くなっていくのが実感できるので、男性の場合は本能的な自信がつきます。

そして、外見がガッチリして自信もついてくるので、堂々としたカッコイイ雰囲気が出てきます。

4.話題の1つになる
男女を問わず大体の人は空手について聞いたことがあり、男性は空手に憧れたことがある人が多いので、空手をやったことがあると仕事・プライベートを問わず良い話題になります。

スポンサーリンク

例えば、男性の仕事相手、上司や部下との雑談で空手をやっていたことを言うと、興味がある人が結構多く、話が盛り上がる場合が多いです。また、例えば飲み会で、女性に空手をやっていたことを言うと、空手が実際にはどんなものかよく分からない人が多く、それはそれで話が盛り上がる場合が多いです。

また、なんだか一目置かれる感じになるのもメリットです。

5.護身
これはデメリットにもなり得るのですが、過信しなければ護身になります。

後述するデメリットの「過信」のところを見てほしいのですが、どうしても逃げることができず戦わなければならない場合に、相手の不意を衝いて鼻や顎にパンチを入れるか金的に蹴りを入れて即逃げることで、空手経験が有効な護身になります。

空手を大人が習うデメリットについて

1.月謝、時間
空手に限らず何を習っても言えることですが、費用と時間がかかります。月謝等の費用については以前の記事に書いているので、参考にしてください。→ここクリック

2.ケガ
空手は格闘技なので、ケガをすることがあります。

私の場合、実際に叩き合うフルコンタクト空手をやっていたので、練習中に相手のローキックが少し強く太腿に入って数日間太腿が痛かったり、相手のボディにパンチを入れるときに相手の肘に指が当たって傷めたりすることは日常的にありました。

また、試合で相手の膝蹴りが顔に入って前歯が折れたこともありました。そうはいっても、入院するほどのケガをした人は見ていません。

また、以前の記事で書きましたが、大体の道場ではスポーツ保険に入ることになるので、その点では安心です。

3.過信
空手経験からくる過信は大きなデメリットです。

自分は空手をやっているから強い、自分は空手弐段(二段)だからだれにも負けないなどと思っていると、それが雰囲気に出ます。

そうなると自分から危険な場所に行ったり、絡まれ易くなったりして、危ない目に会い易くなります。

相手が武器を持っている場合は非常に危険です。また、過剰防衛となって相手に大けがをさせるリスクもあります。

空手を習って危険な目に会い易くなったのでは、意味がありません。

まとめ

・空手を大人が習うメリットは、ストレス解消、運動不足解消(ダイエットなど)、自信、話題性、護身です。
・空手を大人が習うデメリットは、月謝・時間、ケガ、過信によるリスクです。
・以上のように、空手を大人が習うのは全体としては非常にメリットが大きいです。

次の空手関連記事へ
前の空手関連記事へ

以下は、格闘技関連記事のリンクをまとめた記事です。
ロシア武術システマの解説記事と、格闘技/武術/武道の解説記事のリンクまとめ
フルコンタクト空手(正道会館)での私の体験記事のリンクまとめ

スポンサーリンク

-趣味
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

空手道場(フルコンタクト空手や伝統派空手)の練習(稽古)の概要

スポンサーリンク 今回の記事では、私が通った正道会館などのフルコンタクト空手や、伝統派空手の練習(稽古)について書きます。 スポンサーリンク

家庭菜園の害虫対策!マンションのべランダなどで虫駆除する秘密兵器

庭やマンションのベランダ(コーポのバルコニー)などで家庭菜園を楽しんでるアナタ! 丹精込めて育てた野菜や果物を食べに大喜びで害虫が来て、「あなた達に食べさせるために作ってるんじゃないわよ! コンチキシ …

空手道場(フルコンタクト空手や伝統派空手)の帯の色(級位・段位)

スポンサーリンク 今回の記事では、私が通った正道会館などのフルコンタクト空手や、伝統派空手の帯の色(級位・段位)について書きます。 スポンサーリンク

フルコンタクト空手(正道会館)での私の体験記事のリンクまとめ

フルコンタクト空手(正道会館)での私の体験記事のリンクまとめの記事です。 スポンサーリンク 学生時代に約2年半で正道会館の黒帯(初段)を取った経験などに基づいて書いた記事です。 昇段審査や試合経験につ …

空手道場(フルコンタクト空手や伝統派空手)のルール

スポンサーリンク 今回の記事では、私が通った正道会館などのフルコンタクト空手や、伝統派空手のルールについて書きます。 スポンサーリンク